国内旅行トップ富士登山ツアー特集富士登山の服装・持ち物

富士登山の服装・持ち物

富士登山ツアーでは富士山専門山岳ガイドと添乗員が同行し、安全に登山して頂くための配慮を致しますが、お客様の装備が不充分ですと、安全な登山の継続が困難となり、中断せざるを得ない場合もございます。ご自信の安全のためにも、しっかりとした服装・持ち物の準備をお願いいたします。

防寒着

山頂でのご来光の時間帯は真夏でも零度以下になることがあります。五合目と山頂の気温差は、夜間になると20℃以上になる事がります。暴風雨の場合、体感温度が下がるため、充分な防寒着を準備してください。 フリース、セーター、ダウンジャケット、手袋、ネックウォーマーなど。

登山靴、トレッキングシューズ

運動靴ではなく、登山靴かトレッキングシューズをご用意ください。トレッキングシューズは足首まであるハイカットタイプをおすすめします。古いものは登山中に靴底がはがれる場合があります。新品でない場合は、必ず靴底を必ず確認しましょう。 ハイカットタイプをおすすめする理由は、下山の際火山砂利が靴の中に入り、思うように歩けなくなってしまうからです。登山用スパッツを併用して、砂利の混入を防ぐ事をおすすめします。

帽子

登山道は高い木などなく、日陰がありません。天気の良い日は強い日差しにさらされる事になります。日焼け防止と熱中症対策のため、帽子をご用意ください。つば付きもの物がおすすめです。

レインウエア

上下セパレートタイプのレインウエアをご用意ください。ザックまで覆うようなポンチョは、風にあおられ危険が伴います。 小さく丸めて収納でき、防水性が高く、汗をかいても蒸れないものがおすすめです。

ザック

登山用のザックをご用意ください。富士登山山小屋1泊には30ℓ程度の中型のもので充分です。登山用ザックは雨用のカバーが付いており、暴風雨でも中に雨水が入りにくい作りになっています。 新しく購入する際は、必ず背負ってみて、体へのフィット感を確認してください。長時間背負う事により、肩に当たる部分に痛みが生じたり、背中の部分が蒸れる事がありますので、自分の体に合った物を選んでください。

ヘッドランプ

山小屋での仮眠後、まだ暗いうちに山頂へ向け出発します。山頂が近づくにつれ急な岩場が多くなり、両手をついて登ることがあります。安全な登山のため、手にもつタイプではなく、両手が自由になるヘッドランプをご用意ください。

飲料水

高山病対策や熱中症対策として、登山中はこまめな水分補給が大切です。富士山では飲料水は各自で用意する必要があります。ペットボトルの水をご用意ください。山小屋での販売もあります。

ゴミ袋

富士登山のルールとして、ゴミは必ず持ち帰らなければなりません。ゴミを出さない工夫をした上で、出てしまったゴミは、持ち帰りましょう。

小銭

富士山ではトイレを利用する際100円~300円の協力金が必要となります。また、山小屋で飲料水の購入のため等に小銭をご用意ください。

登山用具のレンタルもおすすめです!

本格的な登山用具を全て買い揃えるとかなり高額になります。富士登山が初めての方や初心者の方は、まずレンタル用具を利用し、継続的に登山をするようになってからご自分の用具を買うのも1つの方法です。WEB申込みの場合へhttp://yamarent.com/

登山用具レンタル